同居の形態について考慮することが大切

注文住宅を造る方には、二世帯が同居する形態を採用する人も少なくありません。二世帯が同居する注文住宅を建てる際には、どのような形での同居を実現するかを考えておく必要があります。居住空間を二世帯で完全に共有したり、キッチンやバスルームを部分的に利用し合ったりなど、暮らし始めてからのイメージを掴んでおくことが大切です。世帯が完全に分離するタイプでない限りは、同居人同士が触れ合う機会は必然的に多くなります。親子の触れ合いが増えていくことは、コミュニケーションが円滑になる部分もありますが、揉め事を生じさせる原因にもなります。世帯間で話し合い、どのような形での同居を実現させるかを決めておきましょう。

介護や子育てを意識した住宅設計を心がける

二世帯住宅での暮らしは、幅広い年代の方が同居することを意味します。子育てをする世帯と、介護が必要な世帯が同じ空間で生活を営むケースも少なくありません。住宅設計を行う際には、バリアフリーを意識した造りにしたり、アレルギーが生じないような素材選びを行ったりする必要もあるのです。

住宅メーカーの中には、二世帯が同居するタイプの住宅を展示するところも見られます。住宅情報サイトを眺めていっても、二世帯向けの住宅は特集されていないことが多いものです。注文住宅を造る際に、複数世帯が同居することが決まった場合には、前もって相談に訪れてみるのも良いでしょう。複数世帯が同居する上では、室内設備も多岐に亘るものが必要となります。補助金の活用も含めた形で、事前に検討を行うことが大切です。

親世帯と子世帯が同居する住宅を二世帯住宅と言います。お互いに、手助けをしやすいというメリットがあります。